葬儀に花を贈る時

葬儀に花を贈る際のマナー

葬儀に贈る花についてのマナー

葬儀に花を贈る際にはマナーに気をつけるべきです。一般的にはあまり色づいたものは避けるべきで、純白か白系統のものがベターとされます。とくに茎にトゲのついたタブーとされていますので、注意が必要です。しかし、たとえば故人が真っ赤なバラが好きだったという場合には、その限りではありません。あくまで亡くなった人を悼み、偲ぶ気持ちが大切ですので、故人と遺族に寄り添ったものを選ぶようにしましょう。また、まれに散る植物を添えないという宗派もありますので、あらかじめ把握しておくと安心です。マナーを守って葬儀に花を贈ることは、最高の敬意の表現といえるのです。

お花を送るにはどうすれば

悲しみのときは突然にやってくるもの。親しい方の葬儀にお悔やみの気持ちを込めてお花を送りたいと思っても、どうしたら良いのか戸惑うことも多いものです。遠方のご葬儀であれば、自宅近くのお花屋さんから手配することもできますし、喪家が利用する葬祭業者が分かるのであれば、そちらの会社に連絡をして手配することもできます。土地によって風習が違うことも多いですし、予算や形式などが分からなければ、手配していただく業者の方にたずねてみれば、相場や形式を教えてもらえます。普段から、弔事について考えることはあまりないとは思いますが、いざという時のための知識として、心にとめておきたいものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の花を準備する方法 All rights reserved