葬儀の花の予算は

葬儀の花はいくらくらい

葬儀の供花の予算はどのくらいか

葬儀の際に故人にお花を供える場合があります。遺族や親族、故人と親しかった人や、参列できなかった人などが贈ることが多いです。平均的な予算は大体一基1万円から二万円、二基で贈ることが多いようです。葬儀場の規模などによって分かれている場合もあるのですが、ランクが高いものですと2万円以上することもあります。花の色は白とは限定されませんが、落ちついた色調にすることが大切です。宗教や会場の広さなども変わってくるので、あらかじめ相談しておくことでスムーズに贈ることができます。故人を偲ぶためにも、マナーとルールを守ることが大切です。

飾る花の種類について

葬儀に使用する花は、供物としてのスタンド型、祭壇の飾る祭壇型などがありますが、仏教の場合は、メインは菊です。中でも白い菊が一番多く使用され、その中に、例えばカサブランカ、アリストロメリアなどの洋花を混じらせます。白い菊は気品があり、昔から定番ですが、時代と共に種類も変化しています。供物なのでスタンド型には、出した人の個人名や会社名の入った名札をつけます。キリスト教の葬儀では、菊を使用しないこともあります。最近では、効果ですが長持ちするので、胡蝶蘭をメインにした祭壇も増え、式が終わり施主の家に飾っておくためにも重宝しています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の花を準備する方法 All rights reserved