葬儀の花の種類は

葬儀に必要な花の種類

葬儀の花の種類について

葬儀の際によく用いられる花には、いくつか種類があります。まず仏式では、百合や菊、デンファレなどの白色のものを利用されることが多いですが、胡蝶蘭を用いることもあります。その際派手な色は避け、白などの落ち着いた色合いのものを選ぶことが多いです。また、キリスト教の葬儀の場合は、仏式で一般的な白い菊はあまり見られず、カーネーションや百合、小菊などがよく用いられます。キリスト教には特徴的なアレンジとして、クロスとハートがあり、クロスは十字架型のアレンジメントで、ハートは永遠の愛を表すハート型のアレンジメントです。

用いられる花の種類と相場

葬儀に用いられる花には様々な種類があり、ものによっておくるタイミングや相場が異なります。おくる際には、遺族が悲しみに暮れている中、失礼のないようにおくりたいものです。まず、お通夜の時に故人の枕元に飾るものです。これは親族やごく親しい間柄の人がおくるもので、相場は5千円から2万円ほどです。お通夜の始まる2、3時間前には届くようにしましょう。式場や祭壇におくる花としては、遺族、親族以外にも、葬儀に参列できない友人や遠方の人もおくります。相場は7千円から2万円ほどで、お通夜や式に間に合うように手配しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の花を準備する方法 All rights reserved