葬儀の花の手配は

葬儀の花を準備する方法

葬儀の花の手配について

親や子供、兄弟など肉親を亡くすと奈落の底に落とされたように深い悲しみに包まれます。しかし喪主である以上こうした悲しみに浸っているだけではいけません。それは次々と葬儀の段取りを行わなければいけないからです。特に忘れがちなのが花の手配です。この手配を葬儀社任せにしてしまうと、白菊や百合などスタンダードなものになってしまいます。故人に対し最後のお別れの際にはこうした既成概念にとらわれる必要はありません。個人が赤いバラが好きだった場合は真紅のバラをたくさん用意し、祭壇に飾ったり、棺に一緒に入れてあげるとよいのです。

供花を贈与する意味と使い方

弔意を意味するという目的で贈与されるもののなかで、花があります。 故人に供えるもので、亡くなった人の霊を慰めると共に、場内を飾り付ける意味合いも見られます。 参加する親族だけに限らず、遠方で参列が適わなかった親族や親族以外で故人と親しかった方など、色々な人が贈与することが可能です。葬儀において 香典とは違い必ず用意することは不必要ですが、 弔意をより反映するという点では有益な手段です。 注文に関してですが 一番的確な方法は葬儀社への依託です。時間にゆとりが無くても提案が可能になるほか、場内の雰囲気にも合わせてもらえます。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の花を準備する方法 All rights reserved